2016年9月16日金曜日

高橋君のフレーム製作編 『フレームの小物の取り付け』

10回目の投稿をします。高橋です。
今回は『フレームの前三角の仮付け』までを投稿します。

前三角を仮付けの準備をします。

治具を設計図の通りに設定し、BBを仮付けしてあるシートチューブ、ヘッドチューブをセットします。



フレーム用の治具にセットします。




トップチューブとダウンチューブは大まかに長さを合わせていますが、まだ接合するパイプとは隙間があります。


パイプの接合部の一部に隙間がある場合、ロウ付けする時に隙間がある方にロウが多く入ります。ロウが冷えると隙間が小さい方に比べて、ロウの熱収縮が大きくなるので、隙間が大きい方に引き寄せられてしまいます。


接合部では、収縮幅は小さいですが、パイプの反対の端部では、大きく動いてしまい、フレームが歪んでしまいます。

パイプが動いてしまうと、フレームの精度が下がってしまうので、極力隙間を少なくします。


まず、トップチューブの隙間を無くすために、断面を整えていきます。


ヘッドチューブとシートチューブにトップチューブを当ててみて、接合部を見て隙間があるか確認します。 




ヘッドチューブとトップチューブの隙間をなくします。




隙間があるようならば、隙間がない方を少し削ります。

再度、トップチューブを当てて隙間を確認します。
ある程度隙間がなくなるまで繰り返します。


ある程度隙間がなくなったら、次はトップチューブをパイプを捻ってみます。
まだ隙間があれば、カタカタと動くと思います。

カタカタ動くようならば、どこを支点に回るかを確認して、支点の部分を削ります。
再度、トップチューブを当てて、カタカタと動かなくなるまで、繰り返します。

これでピッタリと接合しているはずです。
ダウンチューブを同じ要領で、微調整します。



BBとダウンチューブの隙間




次にヘッドチューブ、シートチューブ、BBに水抜き穴を開けます。

水抜き穴は、雨などで、フレーム内に入ってしまった水を抜く他に、塗装や、メッキを施す際に薬液がスムーズに抜けるようにします。

また、水抜き穴を大きく取ることでフレームを軽くすることも出来ます。


どちらもピッタリと接合したら、トップチューブとダウンチューブが当たる部分にマーキングをします。 







マーキングした箇所の中心にポンチを打って、水抜き穴を開けます。

ヘッドチューブ−トップチューブ φ10mm
ヘッドチューブ−ダウンチューブ φ10mm
シートチューブ−トップチューブ φ8mm
ダウンチューブ−BB φ10mm


水抜き穴のバリを取ったら、仮付けを行います。

パイプのロウ付け箇所をキレイにし、脱脂をしたうえで、フラックスを付けて仮付けます。

パイプはロウ付けをした方に動きますので、先に上側を仮付けすると、ロウ付けした反対側もロウ付け箇所を支点に上に動きます。


シートチューブ−トップチューブの接合部の上側を仮付けするとヘッドチューブ側では、トップチューブが上に動こうとしますが、ヘッドチューブは治具で固定されているので、トップチューブはそれ以上は上に動けなくなり、パイプが動くのを最小限にする事が出来るはずです。


パイプの動きを最小限にするために仮付けの順番を考えます。


フレームの仮付けは以下の順で行います 








仮付けの時はロウをぼってりと乗せます。 



ぼってり。



ロウの量が少ないと、修正している時に、仮付けしたロウが割れてパイプが取れてしまうので、注意します。

仮付けが終わり、パイプが冷えたら、治具から降ろして、定盤でフレームの精度を確かめます。 


定盤にセットしました。


BYOB Factory に設置されている定盤にはヘッドチューブを固定する治具がセットされていて、各パイプの中心線が定盤から120mmになるように、設定されています。


ヘッドチューブとBBを基準にしているため、シートチューブの先端が一番動きやすいので、シートチューブ先端の高さを確認します。


パイプの中心が120mmに設定されていますが、実際に計測するのは定盤に設置したパイプの上側の頂点なので、パイプの半径分プラスした値を基準にします。


シートチューブの場合は、

120+(28.6÷2)=134.3mm 

となるので、シートチューブが定盤から134.3mmにあればパイプの中心は120mmにあることになります。

134.3mmよりも上下していたら、BBを固定し、パイプを修正します。

仮付けの状態では、簡単に動くので、ロウ付け前に、修正しておきます。

フレームの修正が終わったら、仮付けは終了です。

次回は『前三角のロウ付け』まで投稿します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

高橋


高橋君のフレーム製作編 『フレームの小物の取り付け』

9回目の投稿をします。高橋です。
今回は『フレームの小物の取り付け』について投稿します。


ヘッドチューブ、シートチューブのスリーブのロウ付けが終わったら、一旦、パイプを治具にセットします。

今回取り付ける小物は、ボトルケージを3ヶ所、Wレバー台座 2個、ブレーキケーブルのインナーパイプです。

まず、ボトルケージを取り付ける為のボトルボスの取り付け位置を確認します。

実際にボトルケージを当ててみて、位置を確認します。

今回は、
シートチューブはBBから180mm
ダウンチューブの上側はBBから195mm
ダウンチューブの下側はBBから55mm


位置を確認したら、マーキングをしてポンチを打ちます。


ボトルボス間は65mmで、ボスをロウ付けするために、φ6.3mmの下穴を開けます。 



シートチューブ


ダウンチューブ


小物のロウ付けでパイプに熱を加えると多少でもパイプが歪んでしまうので、パイプ同士をロウ付けする前に終わらせておきたいところですが、今回は、ボトルボス用の補強プレートが注文中で手元にないので、下穴だけ開けて補強プレートが届き次第、取り付けます。


次に、ブレーキワイヤー内装加工をします。

同じ加工のやり方を以前のブログに投稿があります。



やり方は一緒ですが、今回は、インナーパイプを入口から出口まで通します。

インナーパイプを通す場所を確認します。

ローマウントのディスクブレーキを使うので、ダウンチューブにインナーパイプを通します。

入り口はダウンチューブの左側から入って、BB付近の左側から出ます。


ブレーキレバーから出たブレーキケーブルが、自然な角度で入り、ブレーキに向かって自然な角度で出るように、方向とパイプの角度を確認してマーキングしておきます



マーキングした箇所をディスクグラインダで穴を開けます。 



ザックリと穴を開けます。


開けた穴を、電動ドリルに棒ヤスリをセットして穴を広げて、穴の角度を調整します。 



角度に注意して穴を広げます。


パイプを通して確認します。

インナーパイプは中でこのように曲がっています。


広げた穴が事前に確認した位置、角度になっいたら、中に通すパイプを曲げて、穴に入れていきます。


微調整しながら両方の穴にパイプが通ったら、ダウンチューブの中を見てみます。
中に通したパイプが入口、出口の穴以外に触れていない事を確認します。



見にくいですが、入口・出口以外はパイプに触れていません。


ダウンチューブに触れていないようならば、ロウ付けします。

チューブの周りにロウを盛り、入口、出口のロウの盛り具合を合わせるようにします。 



インナーパイプの形を整えます。


チューブが冷めたら、フラックスを落としてパイプの入口、出口の形を成形します。

イメージが一番近いのは、和式の便器の形です。


パイプを大まかに削ったら、パイプの周りのロウをヤスリで削り、ダウンチューブとパイプの繋ぎ目を滑らかにします。指でなぞった時に、つるりとして、段差が無いように仕上げます。 



大まかな形にします。

和式便所の形


完成です。

次に、Wレバー台座の取り付けです。

Wレバー台座はヘッドチューブから90mmの位置に取り付けます。
フレームのバランスを見て、90mmとしました。

ダウンチューブの真横になるように位置を調整して仮付けします

両側とも仮付けしてバランスを確認して、ロウ付けします。

この時にWレバー台座に火を当て過ぎると焦げてしまうので、台座の周りに火を当てるようにします。 

しっかり位置を合わせます。

今回はあまり焦げませんでした。

小物の取り付けは以上です。

次回は『フレーム前三角の仮付け』まで投稿します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


高橋

高橋君のフレーム製作編 『ヘッドチューブ、シートチューブのスリーブのロウ付け』

8回目の投稿をします。高橋です。
今回は『ヘッドチューブ、シートチューブのスリーブのロウ付け』について投稿します。


BBとシートチューブの仮付けが終了したら、ヘッドチューブ、シートチューブのスリーブをロウ付けします。

ロウ付けをする前に、両方のスリーブに水抜き穴を開けます。  




シートチューブ用スリーブ

ヘッドチューブ用スリーブ。後側に開けます。
水抜き穴は、ロウ付け中にパイプ内で熱せられて体積が大きくなる空気を逃がす役目と、フレーム完成後、塗装の下処理の際の薬品の抜けを良くする為に開けます。

今回、スリーブのみに穴を開けるのは、ロウの中継地点を作る為です。


まず、ヘッドチューブのスリーブをロウ付けします。
ヘッドチューブ外側、スリーブ内側ともに錆や油脂を除去し、フラックスを塗ります。




フラックス多め。


スリーブ側とパイプの内側を両方とも熱していきます。

スリーブが赤色になったら、ロウを刺していきます。

ロウ材は適温になった箇所に流れていくので、ロウを流し込みたい箇所を赤色にしてからロウを差す箇所までを熱して、差す箇所と流し込みたい箇所の温度を同じ位にする事が重要です。

流し込んだロウがスリーブの端から滲み出してくるまで、ロウを流し込みます。 



まだまだ未熟。スリーブの先端部分が焦げてしまっています。


全体にロウが流れ込んだことを確認して終了です。


次はシートチューブのスリーブをロウ付けします。
設計図を見ながらトップチューブが当たる箇所を確認して、スリーブの位置を決めます。
この時、シートチューブのケガキ線とスリーブの先端が合うように注意します。

シートチューブもヘッドチューブ同様に錆を落とし、脱脂後、フラックスを塗布し、ロウ付けします。

ヘッドチューブよりもシートチューブの方が肉薄なので、加熱し過ぎないように注意します。 


シートチューブの方がより焦げてしまいました。




ヘッドチューブとシートチューブのフラックスをお湯で落として、フラックスの焦げや、余分に流れ込んだロウをヤスリで落としてキレイに仕上げます。  







以上で、『ヘッドチューブ、シートチューブのスリーブのロウ付け』は終了です。
次回は『フレームの小物の取り付け』まで投稿します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


高橋

高橋君のフレーム製作編 『BBとシートチューブの仮付け』

7回目の投稿をします。高橋です。
今回は『BBとシートチューブの仮付け』について投稿します。

BBとシートチューブを仮付します。 

この形で仮付けします。


まず、BBの中心線にケガキ線を引きます。 



定盤にしっかり押し付けながらケガきます。

BBは幅68mmなので、34mmにケガキます。
水抜き穴を開けます

ケガキ線にポンチを打ち、φ10mmの水抜き穴を開けます。
穴を開けた後はバリを取っておきます。


次は、シートチューブの片端を横フライスにセットして、座繰ります。
座繰る位置は、肉厚になっている側の端ギリギリです。シートチューブはシングルバテッドなので片側のみ厚くなっており、座繰る前によく確認をします。

横フライスでザグリます。

ザグリました。


シートチューブを座繰ったら、切断面のバリを落として綺麗にします。

下準備が終わったので、治具にBBとシートチューブをセットします。 

フレーム用の治具


セットした時に、シートチューブを触ってみて、グラグラしないか。全周に渡ってBBとの隙間がないか。などを確認します。
ピッタリとくっついているようならば、BBの左右の端からシートチューブまでの距離を測って、左右とも同じ距離になっているか計測します。
一緒の距離ならば、BBの真ん中にシートチューブが乗っていることにことになります。

隙間がないことを確認



位置合わせ用にひいたケガき線を合わせる

中心にあることが確認できれば、仮付けします。


パイプに塗っているのは、フラックスです。
フラックスは金属表面酸化物を除去するなどの役割があるので、ロウ付けの際に必ず塗ります。

使うロウ材は真鍮です。

BBとシートチューブの仮付けはフレームの前後方向に2箇所両側を仮付けします。 

前側。こんもりさせる。

後ろ側も同様。


パイプが冷めたら、治具から下ろして、定盤にセットします
BBとシートチューブが直角に付いているかを確認します。

BBの付根と反対側の高さが同じかどうか、ハイトゲージで確認します。

このように確認します。

若干ズレがあるので直します。

BBの反対側を手で押して修正します。

仮付けの段階ではパイプは簡単に修正出来ますが、本溶接をしてしまうと、修正が難しくなるので、慎重に修正します。



BBとシートチューブの仮付けは以上です。

次回は『ヘッドチューブ、シートチューブのスリーブのロウ付け』まで投稿します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


高橋

2016年9月12日月曜日

高橋君のフレーム製作編 の続き

現在アラスカを旅している高橋君ですが、フレーム製作編に戻って作る過程を紹介してくれていますよ〜!

夏前に戻って製作編をどうぞ〜!!


6回目の投稿をします。高橋です。

今回は『ヘッドチューブ、シートチューブのスリーブ作成』について投稿します。


そもそも、何故ヘッドチューブとシートチューブにスリーブ(被せ)が必要なのか。

シートチューブはシングルバテッドといい、シートポストを差す側が薄くなっています。

肉厚が薄い状態で、シートチューブを締めてしまうと、締める力にシートポストが負けてしまい、クラックが発生する可能性があります。

クラックの発生を防ぐために、一回り太いパイプを被せてロウ付けし、強度を増します

ヘッドチューブのスリーブは、デザイン(意匠)として作成します。

それぞれのスリーブのデザインを考えます。
パイプの直径を8当分したこの紙にデザインしていきます。


デザインした紙を半分に折って、ハサミで切り取るので、半分だけ書いておきます。



半分だけ書いておきます。


半分に折って、切り取ったら、パイプに貼り付けて、紙の通りにパイプを削っていきます。

紙の部分を残すように削っていきます。



大体の形になりました。


紙を取って、形を整えていきます。

尖った部分はしっかりと尖らせ、中心線を基準に左右で角度が合うように微調整していきます。

特に左右のバランスに注意します。




(左)ヘッドチューブを挿してみました。



完成したスリーブは一旦、置いておきます。

スリーブの作成は以上となります。

次回は『BBとシートチューブの仮止め』まで投稿します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


高橋



2016年8月28日日曜日

高橋君のフレーム製作&旅日記 旅編スタート!!

5回目の投稿をします。高橋です。

投稿が3ヶ月以上滞ってしまいました。
ようやく作成編に突入したのですが、今回の投稿でいきなり旅立ちます。

実は、この投稿を書いているのは、アラスカ州アンカレッジです。



順番に説明しますと、7月1日に日本を出発し、アメリカのオレゴン州ユージーンに向かいました。目的は、ユージーンで暮らしている親戚宅を訪ねるためです。

アメリカ到着後、最初の7日間は、サンフランシスコやポートランドを観光しました。

その後は、親戚宅にて、キャンプ道具を集めたり、自転車を組み立てて、試走がてらキャンプに行ったり、旅の準備をしていました。

(ユージーン滞在中のことも投稿する予定です。)


親戚宅でのんびりと準備をしている間に、8月になってしまい、ようやく重い腰をあげました。

8月3日ユージーンを出発し、ポートランド、ロサンゼルスを経由して、翌8月4日、朝4時にアンカレッジ空港に到着。外は生憎の雨です。


ユージーンからポートランドへ向かう飛行機 プロペラ機です。

空港内のオブジェ。 オレゴン大学のマスコットがアヒルなので、
何体も飾ってあります。


荷物を受け取り、空港の隅で組み立てを始めました。

およそ2時間ほどかけて組み立て終わり、しばし、休憩。
(組み立て中は、移動の疲れで写真も撮らずに黙々と作業をしていたため、写真がありません。)


休憩して、だいぶ落ち着いたので、予約した宿に向かいます。

出発前に熊の剥製の前で、一枚。


グリズリーとの一枚。自転車の詳細は作成編で紹介します。



空港内のビジターセンターの方に宿までの道を訪ねると、海沿いのサイクリングロードを通っていくのが、お勧めとのことなので、行ってみることにします。

雨の中でしたが、林の中を縫うように海岸に向かい、海岸と並行したサイクリングロードを進みみます。


林の中を進みます。

結構雨が降っています。こんな雨でもランナーの人とすれ違います。

公園内には、川が流れています。

海岸線にようやく出ました!晴れていれば、さぞ綺麗でしょう。


約10kmほどで宿に到着しました。



4日、5日と食材の買い出しをしたり、荷物の整理などして過ごしました。

明日、8月6日ようやく旅をスタートさせます。



フレーム作成編は、親戚宅滞在中に書いた分がたまっていますので、順次、投稿していきます。

作成編と旅行編が混じってしまい、見づらくなってしまいます。申し訳ありません。

ネット環境を見つけて、書きあがったものから投稿していきますので、今後とも読んでいただけると、嬉しいかぎりです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋









2016年8月26日金曜日

近況報告!




BYOB Factory 近況報告です!!
(だいぶ時間が空いてしまいました。すいません汗)
最後の投稿から3ヶ月、その間にも多くの製作者さんが続々新しい自作フレームを作っていますよ〜!!
Yさんのフラットバーロード、

















Hさんのクロスドシートステイのディスクロード

Kさんのクラシックロード

Kさんの現代風クラシックロード 

と完成した車両やフレームもたくさん!


加えてYさんの奥様もご自分のお買い物車両を作られていたり、新しくフレームを作り出す方も多数いらっしゃいます。


全国のショップさんからフレーム修理の依頼も多数頂き感謝感激!
皆様、ありがとうございます。

そしてこの夏はショップ様向けのBYOBのスタッフチームでのフレーム作り”Co-Creation”もスタートし、同じ現場でいろんなフレームが誕生していますよ〜!!

加えてそのCo-Creation3人目の男、高橋君の続報もガンガン届いていますよ〜

順を追ってご紹介していきますので、お楽しみに!!

誰でも閲覧できるFaceBook ページもぜひご覧下さい。

https://www.facebook.com/byobfactory


フレーム作り、ステム製作教室のお問い合わせ&ご質問は下記まで、お気軽にどうぞ!!

BYOB Factory

〒161-0032
東京都新宿区中落合3-29-5

Tel&Fax 03-6908-3934

byob.factory@gmail.com